SHOCK2020キャストを紹介!ライバル役が上田竜也の理由は?

エンタメ
スポンサーリンク

2020年、SHOCKのキャストが発表されました。

ライバル役がKATTUNの上田竜也さんということで盛り上がっていますね。

SHOCKキャストを紹介!

写真

(左から)松井奏、椿泰我、梅田彩佳、前田美波里、堂本光一、上田竜也、越岡裕貴、松崎祐介、石川直

引用元:東京中日スポーツ

上演20周年を迎える2020年の公演はメイン・アンサンブルキャストも大幅に変更があったようです。

主役 堂本光一

ライバル役 上田竜也

ふぉ~ゆ~から、越岡裕貴・松崎祐介

ジャニーズJrから寺西拓人、高田翔、椿泰我、松井奏(後ろ3人が新加入)

前田美波里・梅田彩佳・石川直

以上キャストの紹介でした。

そして、上田竜也さんがライバル役に抜擢された理由は?調査してみました。

スポンサーリンク

上田竜也さんがライバル役に抜擢された理由は?

上田竜也さんは、2003年の当時のKAT-TUNメンバー6人で「SHOCK is REAL SHOCK」に出演しており、17年ぶりの参加となります。

過去に堂本光一さんと共演したことがあったのですね。

ただ、当時の堂本光一さんと上田竜也さんの関係性が今は変わって・・・いい関係が築けているとういのが理由のようです!

 

コチラは堂本光一さんがライバル役の上田竜也さんに向けた言葉。↓

「素晴らしい好青年に成長して、昔のKAT―TUNはどこに行ったんだと思うくらい別人に変わった。ライバル役はちょっとスレたところがあるので、昔を思い出してやるのもいい。僕も楽しみです」と期待を寄せた。

引用元:中日スポーツ

素晴らしい好青年に成長して、昔のKAT-TUNはどこに行ったんだ?という言葉・・・引っ掛かりませんか?

2003年当時のKAT-TUN上田竜也さんを含めた6人の記者会見↓

2003年当時の上田竜也さんはこのような態度を堂本光一さんに対してとっていたそうです。

「まさかこうして自分が『SHOCK』という舞台に出演させていだだけるとは」とあいさつした上田は、17年前について「クソみたいなプロ意識でやっていて、光一くんに多大なご迷惑をおかけしました。もし自分が光一くんだったとしたら、ぶん殴っていたと思う」と、ばつが悪そうに明かした。

 「頼むから、こいつらをステージに上げないでくれ」とスタッフにクレームを入れるほど6人とも協調性に欠け、後輩にあるまじき失礼な態度を取っていた。光一は「僕も若くてとがっていたので」とフォローしつつも、開演して音楽が鳴り出した後、自分よりも後に軽々しくステージに来たときはさすがに頭にきたらしく「『こいつら死ねばいい。人生で失敗すればいい』と“腹黒本光一”が思っていた」と告白した。

引用元:中日スポーツ

2003年当時はあまりいい関係性ではなかったものの、上田竜也さんが内面も大人になり現在はいい関係が築けているということでしょうね。

ライバル役を務めていた内博貴さんから見た上田竜也さんは?

『Winter Paradise 2019』ゲネプロ取材後に囲み取材に参加した内博貴

引用元:msn

彼(上田)はすごくストイックなイメージがあるので全然大丈夫だと思いますよ」と信頼を寄せ、「お芝居に正解はない。人の持っているものはそれぞれあるので、違うライバルになると思うし、いいことだと思います」と力説した。

引用元:msn

上田竜也さんは日頃から鍛えていて筋肉バキバキのストイックというイメージがありますね!

上田竜也さんが演じるライバルはどのような役になるのでしょうね。

Endless SHOCK20th Anniversary 2020年2月4日㈫~3月31日㈫ 東京都帝国劇場で行われます!

チケット争奪戦が必須のSHOCK2020のようですが、、、今から楽しみですね!

それでは、今回はここまでとなります。最後までご覧いただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました