ゾッキの原作やあらすじを紹介!ピエール瀧の映画復帰作で話題沸騰に

エンタメ
スポンサーリンク

ピエール瀧さんの復帰が決まったことが分かりました。

ピエール瀧さん復帰作は2021年公開映画「ゾッキ」。

ピエール瀧さんが映画出演するゾッキは、マンガが原作で「ゾッキA」「ゾッキB」とあります。

風変りな人々の日常をシュールに描いた短編をまとめたもので、今回の映画ではその一部を基に長編の脚本で制作されました。

そんなゾッキですが、原作やあらすじが気になりますよね!

ゾッキの原作やあらすじを紹介!ピエール瀧の映画復帰作で話題沸騰にと題してお届けしていきます。

スポンサーリンク

ゾッキの原作やあらすじを紹介!

ゾッキの原作やあらすじをご紹介します。

ゾッキの原作

こちらが、ゾッキの原作漫画↓

ゾッキとは

漫画家 大橋裕之さんの自費出版時代の幻となっていた作品の上下巻(ゾッキA・ゾッキB)

大橋裕之さんの上京前に、実家で悶々としながら最少の線で表現された漫画となっています。

謎漫画作品集や週刊オオハシなどの自費出版漫画集、漫画誌、ミニコミ誌などに掲載された活動初期の作品などを選りすぐり収録されています。

原作者の大橋裕之さん↓

「大橋裕之 顔」の画像検索結果"

引用元:https://news.nicovideo.jp/watch/nw6220007

ゾッキのあらすじ

ゾッキは、大橋裕之さんが上京する前に、実家で悶々としながら書いた漫画で、摩訶不思議なリアルな大橋裕之さんの原点が投影されている短編集となっています。

■「どんな冴えない男たちの人生にも、屈託のない笑顔を向けてくれるかわいい女の子が一人は現れるものだ。
大橋裕之の漫画にはその醍醐味が高い純度で抽出されている。こんな嬉しい読書があるか」
――長嶋有(作家)

■「何気ない日常を」とか言って商売してる皆さん、日常ってこんだけ何気ないんだからね、本当は。」
――武田砂鉄(ライター)

引用元:https://bookwalker.jp/de55ddeeff-38c8-400f-bb6f-81eb57ad04da/

作家やライターさんからこのようなコメントが寄せられていました。

そんなゾッキの試し読みが出来ます!

気になる方はこちら⇒ゾッキA

ピエール瀧の映画復帰作で話題沸騰に!

ゾッキが出版されたのは2017年頃ですが、ピエール瀧さんの映画復帰作とあって再び注目されています。

ゾッキに出演、ピエール瀧の役

ピエール瀧さんのゾッキでの役は、漁師の定男

原作では、別の漁師が「定男がシャバに出てくるってよ」と話題に上げる場面で名前のみの登場となっているそうす。

ゾッキ原作での漁師の定男ってどんな人?

原作では、世間話のみで登場しない定男ですが、「定男は組合に戻るのだろうか」「戻ってもすぐに暴れてダメだろう」「定男は柔道で全国大会に行ってるよ」と言われています。

まとめ

今回は、ゾッキの原作やあらすじを紹介!ピエール瀧の映画復帰作で話題沸騰にと題してお届けしました。

公開は2021年ということで約1年後ということですが、どのようなピエール瀧さんが見られるのか今から楽しみですね。

それでは、今回はここまでとなります。最後までご覧頂きありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました