Amazonのブラックフライデーはパチもんだらけ?価格のおかしい商品まとめ

イベント
スポンサーリンク

ブラックフライデーが盛り上がっていますね!

今年から日本amazonもブラックフライデーが開催されているようですが・・・

日本amazonの設定価格がおかしいのでは・・・という疑問の反応もあり調査してみました。

amazonのブラックフライデー・・・実はパチモンだらけ?価格のおかしい商品をまとめてみました。

スポンサーリンク

日本アマゾン開催のブラックフライデー、価格設定がおかしい?

日本アマゾン価格が安く見せかけている!という注目のツイートはコチラ↓

Image

約40000円のものが5999円?!6999円?!

こうした商品でひどいものはサンプル写真にテキスト加工しているだけ・・・というものもあるようです。

本物のワイヤレスイヤホン詳細⇒ワイヤレスイヤホン

ちなみに、このワイヤレスイヤホンは、11月18日に発売されたばかりの商品だそう。

割引率が異常で逆に怖いですね。

因みにAmazonは時価です。価格変動が日々あります。定期便利用者は気をつけて下さい。私はAmazonカスタマーセンターの人に親切に教えてもらいました。 画像のタイムセール価格設定はダメでしょう。。。これがブラック!

引用元:イイ音が好き!ツイッター

他にも今回のブラックフライデーとは別ですが、すごいものを見つけました。

799円のものに対して送料がなんと80820円!!

この送料、理解不能過ぎます・・・

なぜこういうことが起きるのでしょうか。

 

アマゾンさんの価格表示は972円となっていますが、本文庫カバーには定価本体740円+税と印刷されています。税を加算しても972円にはなりません。799円もしくは800円です。大げさですが200円近く高く買うことになり、大変おかしいです。
表示が直されるまでは一般書店での購入が間違いありません。
アマゾンさんに連絡、問い合わせしましたが4日経ちますが回答訂正などはまだなし。そんなに時間のかかる対象とは思われないし、この間も現実購入している方もいるのではないかと思うと、不誠実さは指摘しておきたい。

引用元:上記のレビューより

amazonの仕組みってどうなっているの?

アマゾンの出品詐欺については、アマゾンの販売形態の一つである

マーケットプレイス出品で行われている。

通常アマゾンでは、もちろんアマゾンが出品している商品があるのだが

それとは別に、業者や一個人がアカウントを取って、アマゾンで手数料さえ払えば

自由にモノを売買できるスペースが存在する。それがアマゾンマーケットプレイスだ

今では不用品を売る選択肢は多数あるが、このアマゾンマーケットプレイスもまた

個人が気軽に利用できる、不用品の処分方法の一つである

引用元:死ぬまでゲーマーでいたいブログ

amazonにこういう仕組みがあったんですね。

個人個人に任されているところが、今回のブラックフライデーの定価を10倍に上げる・・・というのに繋がっているようです。

価格に惑わされずに本物で安く買える商品を見分けるためには?

大規模なセールが実施されると、割引率を偽った商品が大量に出品される傾向があるので、買い物をする場合はAmazon価格トラッキングサービス「Keepa(外部リンク)」で、セール前に異常な値上げが無いか、セール間近な時期に高値で出品されていないか確認することをお勧めします。

引用元:SBAPP

今回のamazonのブラックフライデーのおかしい割引価格について、上記のSBAPP(外部リンク)で詳しく分かりやすく解説してありました。

気になる方はぜひチェックしてみてくださいね!

以上Amazonのブラックフライデーはパチもんだらけ?価格のおかしい商品まとめと題してお届けしました。

気軽に簡単に利用できるからこそ、質のいいものを見分けなければいけないと改めて感じました。

ブラックフライデー、楽しみましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました