木村拓哉の初ライブツアーチケットの倍率は?チケット購入方法も調査

イベント
スポンサーリンク

木村拓哉さんの初ライブツアー開催日が発表されました!

東京・大阪と各々2日間ずつの開催。

ファンの方にとっては、嬉しい発表ですね!

今回は、木村拓哉さんの初ライブツアーチケットがどれほどの倍率となるのか東京・大阪それぞれ調査してみました。

調査の結果、あくまでも単純計算による個人の予想とはなりますが、

・東京公演の倍率は8倍ほど

・大阪公演の倍率は6倍ほど 

と結果づけています。(計算方法は下記に記しています)

そして、チケットの購入方法も紹介していきます。

スポンサーリンク

東京公演:木村拓哉初ライブツアーチケットの倍率はどれくらい?

今回木村拓哉さんの初ライブツアーチケットの倍率、気になりませんか?

✔東京:2月8日(土)2月9日(日)国立代々木競技場 第一体育館で2日間

国立代々木競技場の収容人員は、12542名。

座席は、スタンド8636名/身障者席48席/アリーナ席4124名/ロイヤルボックス32席/ロイヤルボックス身障者席2席

となっています。

引用元:国立代々木競技場公式サイト

スタンド(8636名)は固定席ですが、アリーナ席(4124名)は可動席となるため公演によって異なる場合があるそうです。
花道なども、アーティストや公演によって構成が変わるので、基本的に当日までは判明しないようですね。

それを踏まえて倍率を調査してみました!

(木村拓哉さんは現在グループに所属していないタレントです。木村拓哉さん専用公式ファンクラブは今のところ設立されていないため、今回はSMAP時代のファンクラブ数を参考に計算しています。)

✔最大の収容人数 12542×2日間(25084人) 

✔SMAPのファンクラブ会員数 102万人程度

とすると、SMAPは5人グループでしたので木村拓哉さんのファンは最低でも20万人ほどいるのではと予想。

単純計算となりますが、

木村拓哉ファンの人数200000万人÷最大収容人数(2日間)25084人=7.97・・・

ズバリ!!!約8倍といったところでしょうか。(あくまでも予想です)

今回一般発売も設けられており、また一名義に対して一人分以上の申し込みをされる方も多数いらっしゃるでしょう。

ですので、最低でも8倍の倍率はあると予想させて頂きました。

大阪公演:木村拓哉初ライブツアーチケット倍率はどれくらい?

✔大阪:2月19日(水)2月20日(木)大阪城ホールで2日間

アリーナ席4,500人、客席9,000人、立見席2,500人最大収容人数は16,000人。

引用元:チケットストリート

となっています。

こちらも国立代々木競技場と同じく多少の変動はあると思われますが、最大収容人数から計算してみました。

✔最大の収容人数16000人×2日間 (32000人)

✔SMAPのファンクラブの会員数 102万人程度

SMAP5人に対して木村拓哉さんファンの人数は20万人ほどとし計算しています。

東京公演同様、こちらも単純計算となりますが・・・

木村拓哉ファンの人数200000人÷最大収容人数(2日間)32000人=6.25

ズバリ!!!大阪公演は6.25倍といったところでしょうか。(あくまでも予想です)

木村拓哉の初ライブツアーチケットの購入方法

ビクターエンタテインメントによると、木村拓さんのチケット購入や詳細は、Johnny’s net(外部リンク)にて案内されているようです。

Johnny’s net へ入ると、木村拓哉さんのライブツアーチケットを購入するためには、まずジャニーズファミリークラブ情報サービスへ加入することとなっています。

✔ジャニーズファミリークラブ情報サービス・・・ジャニーズ事務所でグループに所属していないタレントのファンクラブ

そこで会員登録をするという流れです。(登録は無料)

ちなみに今回のチケット料金:FC ¥9500円(税込)・一般 ¥10000(税込)

一般発売はまだ詳細が出ていないため、詳細が出次第更新していきます。

まとめ

木村拓哉さんの初ライブツアーの倍率を予想しました。

あくまでも単純計算による個人予想となります。

SMAP時代とは違い一般発売もあり、また違った雰囲気のコンサートとなるのではないでしょうか。

一般発売の購入方法も追って更新していきます。

それでは、今回はここまでとなります。最後までご覧いただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました