フッ化水素とは?韓国の製造技術確立で打撃を受ける日本企業はどこ?

ニュース
スポンサーリンク

フッ化水素とは?韓国の製造技術確立で打撃を受ける日本企業を調査してみました。

韓国の産業通商資源省が、現在日本政府が輸出規制を強化している「フッ化水素」について、韓国の化学メーカーが高純度で大量生産が可能な製造技術を確立したと話題になっています。

フッ化水素とは?韓国のフッ化水素製造技術確立により打撃を受ける日本企業について調査してみました。

スポンサーリンク

フッ化水素とは?

そもそもフッ化水素とはどんな物質なのか調査しました。

フッ化水素とは、水素とフッ素からなる無機化合物。強烈な酸性で皮膚につくだけでも体内に取り込まれ、成人男性なら1~2g摂取するだけで死んでしまうそう。

フッ化水素を取り扱う際は、手袋を3重、専用マスクをするそうです。

フッ化水素が半導体に使用される理由

フッ化水素が半導体製造に使用されるのは、フッ化水素がほぼすべての金属を溶かす特性を持つからです。

最先端の半導体は、回路幅が10ナノメートル以下でフッ化水素に少しでも不純物があると洗浄しきれずショートの原因になるんだそう。

韓国の半導体メーカーが使用するフッ化水素はなんと純度99.9999999999%(12N)。

9が12個並ぶため12Nというんだそうですが、それにしてもすごい純度です。

韓国のフッ化水素製造技術確立で打撃を受ける日本企業はどこ?

これだけの純度の高いフッ化水素技術製造できるのが、ステラケミファと森田化学工業。
2社とも100年以上前に創業し、フッ化水素の製造技術のノウハウを積み上げてきました。

量産には配管やバルブ、タンクを全て溶けない材料でつくり、容器に詰める際に不純物が入らないようにする技術も必要という。ステラケミファの担当者は「どれ一つ欠けても高純度ではなくなる。だから参入への壁は高い」と話す。

引用元:朝日新聞

今回、韓国のフッ化水素技術製造確立が発表されましたが、日本にとって打撃が長期化する可能性があります。

日本製のシェアは以前のように戻る可能性はさらに低くなる可能性が出てきましたね。

まとめ

今回は、フッ化水素とは?韓国の製造技術確立で打撃を受ける日本企業はどこ?と題してお届けしました。

日本と韓国の関係は相変わらずゴタゴタしている印象です。

どうなっていくのでしょうか?

韓国の化学メーカー「ソウルブレーン」が液体のフッ化水素の不純物を「1兆分の1」まで抑えられるようにしたとのことですが、もはや数字が小さすぎてすごいとしか言えない世界です。

それでは今回はここまでとなります。最後までご覧頂きありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました