いじめ保険の会社や料金・口コミを調査してみた!加害者はどうなる?

ニュース
スポンサーリンク

いじめ保険、必要だと思いますか?

そもそものいじめ保険とは・・・

『いじめ保険』というのは通称で、正式な商品名は『弁護士保険コモン』です。いじめ問題を解決するための弁護士費用を補償するという保険商品です。『いじめられたら定額の保険金がおりる』というものではありません」

引用元:ビジネスジャーナル

ネット上で話題になっているいじめ保険について調査してみました。

いじめ保険を取り扱っている、会社や月々の料金など気になりませんか?

加害者はどういう対応になるのでしょうか。

口コミも一緒にまとめてみました。

スポンサーリンク

いじめ保険を取り扱っている会社は?月々の料金

エール少額短期保険⇒コチラ(保険料は月々1180円)(エール少額短期株式会社)

ただし、料金は段階があるようですね。公式ページでは、1180円が大きく出されていましたが・・・

月額2640円で、弁護士に電話がつながる弁護士直通ダイヤルを無料で利用。いじめの証拠集めや学校に相談する際のポイントなどのアドバイスがもらえる。護士保険コモン)

Image

 いじめ保険の加入条件や対象者は?

加入者が18歳以上であること

・対象となるのは、あくまでもいじめ保険加入後のいじめになる(加入前のいじめについては、保険金が支払い対象外となる)

加入後3カ月の待機期間があり、その間は保険が適用されない。(いじめ当事者がすぐに保険適用することができない仕組み)

いじめ保険の加入者はどんな人?

これから進学するというお子さんを持った親御さんが多いようです。

進学・進級で環境の変化により、いじめられることを心配されるというケースのようですね。

また、親御さん自身がいじめにあった経験があり、周囲に助けてもらえなかったというのが動機の場合も。

いじめ保険のデメリットは?

やはり、3カ月の待機期間(保険適用外期間)があることだそうです。

加入前にいじめがなかったとしても、待機期間中に発生した場合は弁護士費用を補償することはできません。あとは、弁護士に介入してもらう際の委任費用が全額補償ではなく、最大で7割の補償となるので、最低3割は自己負担していただくことになります」

引用元:ビジネスジャーナル

いじめ保険で加害者はどうなる?

学校を始め、加害者も事実のいじめを認めないケースが多いです。

そういった場合に弁護士により証拠など挙がった場合、損害賠償保険を請求することができます(あくまでもケースバイケースです)

いじめ保険で口コミは?

実際にいじめの資料請求してみたというコチラの方の記事(口コミ)、ぜひ読んでみてください。分かりやすいです。⇒コチラ

いじめ保険があればよかったという意見↓

学校の先生の意見↓

いじめ保険に反対意見↓

色々な意見がありますが、どうですか?

いじめ保険の会社や料金・口コミを調査してみた!加害者はどうなる?と題してお届けしました。

被害者になることばかり考えてしまいがちですが、加害者になってしまう可能性も0ではありません。

しっかり考えたい事案ですね。

それでは、今回はここまでとなります。最後までご覧いただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました