紅白歌合戦2019年の落選した歌手は誰?選考基準も調べてみた!

ニュース
スポンサーリンク

こんにちは!

今年の紅白歌合戦出場歌手が発表されましたね。

出演者の発表で、期待していた歌手が落選していたり、そうかと思えばあの歌手がなんで出演?!などと、ネット上では様々な意見で溢れかえっていました。

そこで、今回は2019年の紅白歌合戦で落選した歌手は誰?それに伴い選考基準も調査してみました。

それでは、さっそくみていきましょう!

スポンサーリンク

2019年紅白歌合戦落選した歌手は誰?

紅白出場者発表で、”今年は出演してほしい!””今年は初出演歌手になるはず”など応援していたアーティストがいた方もいらっしゃったでしょう。

ネットの声を拾って、そんな歌手の方たちを紹介したいと思います。

・米津玄師

・スピッツ

こちらの2組は落選したというよりは、辞退したのでしょうね。

米津玄師さんのパプリカ、聞きたかったですね!(その代わり、今年大活躍だったFoorinのパプリカが聞けますが。)

スピッツは、広瀬すずさん主演のNHK朝ドラマで「なつぞら」で毎日聞いていました。

他、あいみょんさん、サザン、ワンオクなどが出場辞退ではと言われています。

・ゴールデンボンバー

令和の年号が発表になった瞬間に苦労して超特急で曲を出したゴールデンボンバーが出演しないのが気の毒。今年の紅白こそ『令和』で復活すると期待してたのに…。

・セクシーゾーン

ファンの方たちの残念だった声が目立ちました。

・セカオワ

・サカナクション

・ブルーノマーズ

・BiSH

こちらは、落選した歌手の方たちからNHKへ呼びかけ↓ゴールデンボンバー・岡崎体育・ヤバいTシャツ屋さん

※aikoさんだけは2014年の物で違うようです。ツイートされた方がaikoさんが好きでその当時のものを入れられたそうです。

(aikoさんは今年は出場されますが、なぜ出場?!という声も聞かれました。)

 

こやまたくやさん率いるヤバいTシャツ屋さんの記事はこちらもおすすめ↓

こやまたくや(ヤバT)の紅白歌合戦落選理由は?ネットの感想も調査

2019年紅白歌合戦になぜ出演するのか疑問に思われている歌手は?

落選した歌手の方たちとは反対になぜ紅白出場なの?!と疑問に思われている方たちもいるようです。

・AKB

なんで選ばれるのか分からない

・美空ひばりさんのAI

亡くなった方をAIで蘇らせることに正直良い気がしない。「歌声」と言うものは、やはりその人の唯一無二の個性であり、変えられない、帰らないものだから。AIで偽物?を出すくらいなら、故人の映像の方が良い。

・TWICE

売れているの?韓国アンチではないけど、twiceは不要。今年ヒットした日本語曲ないし。人気な日本の歌手出してあげてくれ。

・ジャニーズが5組も

ジャニーズ枠が多すぎる

・福山雅治さんの中継

会場で聞いてこそ紅白歌合戦だ、中継ならいらない

・AIKO

ヒット曲もないのになぜ毎年出るのか分からない

・純烈

一人脱退という事件があったのに、驚いた。今年は出場しなくても良かったのでは。

色々な声がありましたが、選考基準はどうなっているのでしょうか。

紅白歌合戦の選考基準は?

毎年出演者に疑問がわく紅白歌合戦。

選考基準はどうなっているのか調査してみました。

(A)7歳以上の全国5000人を対象にNHKが行った「ランダムデジットダイヤリング」方式による調査の結果(※質問は、「紅白に出場してほしい歌手男女各3組」)

(B)7歳以上の全国8000人を対象にNHKが行ったウェブアンケート調査の結果(質問はAと同じ)

(C)「NHKのど自慢」の予選出場者の曲目

(D)CD・カセット・DVDの売り上げ

(E)有線・カラオケのリクエスト等についての調査

(F)インターネットやダウンロード等についての調査

引用元:現代ビジネス

もともとは、参考資料として上記のように言われているそうです。

こちらは2018年の“平成最後の紅白”で制作統括を務める渋谷義人チーフ・プロデューサーに、出場歌手の選考に関わったインタビューより↓

具体的に昨年(2017年)まではパッケージの売上の指標について「CD・カセット・DVD」までを調査していましたが、今年(2018年)から「Blu-ray」も追加しました。またデジタル関連について、昨年までは「インターネットのダウンロード」まででしたが、今年(2018年)より「ストリーミング・ミュージックビデオ再生数・SNSの調査」も加えました。実は僕は昨年までの10年間、紅白のデジタル企画のディレクションを担当してきまして、そうした経験も踏まえて見直しを図ったところです。

引用元:ORICON NEWS

2018年、この選考基準より初登場を果たしたのがあいみょんさんとDAOKOさん。

今や、デジタル関連の指標抜きに今年の活躍は語れないが、基本的にデジタルメディアは1人で触れるものであり、世代や嗜好を超えにくいという側面もあると答えられていました。

そうしたデジタルヒットに今まで触れていなかった方々に「今年の活躍」をご紹介するのも、紅白の役割です。

引用元:ORICON NEWS

と、紅白歌合戦は個人それぞれの隠れたヒット曲を世間にお披露目するという目的もあるようでした。

まとめ

今回は、紅白歌合戦2019年の落選した歌手は誰?選考基準も調べてみた!と題してお届けしました。

デジタル化が進むにつれ、紅白歌合戦の出場歌手を選出するのも年々難しくなってきているのでしょう。

ただ、コメントには事務所の力が左右する・・・なんていうのもありそういう面ももしかしたら・・・あるのかもしれません。

今年の紅白12月31日、楽しみましょう。

それでは、今回はここまでとなります。最後までご覧いただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました