日本の消費税を15%に引き上げる理由は?原因や内容を調査してみた

スポンサーリンク

10%に上がったばかりの消費税ですが、2030年までに15%に引き上げられる可能性が出てきました。

今回はIMF(国際通貨基金)理事がそのような発言をした理由は、今後の日本経済について高齢化に伴う費用を賄うため。

これに対して、ネットでは不満の声があふれかえっています。

原因や内容をさらに詳しくみていきましょう。

スポンサーリンク

日本の消費税が15%に引き上げられる理由は?

15%に引き上げられる可能性のある大きな理由は、これからさらに高齢化社会が進んでいくことは避けられない日本は、それに伴う費用が必要であるということ。

IMF・ゲオルギエワ専務理事「徐々に消費税率を引き上げるのが有効というのがIMFの見解です」

働き手が減る一方で高齢者が増えるため、年金や医療費などが増え続けて国の財政運営が厳しくなると指摘しました。

そのうえで、消費税率2030年までに15%、さらに2050年までに20%まで段階的に引き上げるべきだと提言したようです。

引用元:テレ朝ニュース

IMF理事が語った消費税増税に対して詳しい内原因や内容

IMF理事が語った消費税増税への流れ

消費税

2030年までに15% 2050年までに20%

物価上昇率2%の目標 ↓ 賃金が上がれば達成できる

IMFは、日本経済成長率について、今年は0.8%、そして来年は0.5%に下がるとの見通しを示していて、来年も消費増税への景気対策を延長すべきだとしている。

引用元:livedoor

また、これからの日本経済は、高齢化が進むにつれて悪化する可能性があるため、下記の構造改革を進める必要があると指摘

・企業の内部留保の活用や生産性の向上

・女性の労働参加

消費税15%上がることに対してのネットの意見を調査

今年の10月に10%へ上がったばかりなのに、さらに増税の話とは不満が噴出するのも当たり前です。

徐々にと言っていることから、国民に受け入れられる時期を見ながらの増税になっていくとは思われますが、2030年や2050年など具体的な数字が上がっていると、ここまで消費税が上がっていくという不安な気持ちが生まれますよね。

また、今回発言しているのが、IMF理事であり日本人でないことからも無責任発言に感じている人も多いように感じました。

今回はここまでとなります。最後までご覧いただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました