食べログ点数問題の韓国料理チェーン店オーナーは誰?お店も調査!

ニュース
スポンサーリンク

食べログ点数問題の韓国料理チェーン店オーナーは誰?お店も調査!

一斉に点数を下げられ、客が大幅に減ったと食べログサイトに対する不信感をあらわにしているのは、「kollaBo」(コラボ)の運営会社オーナーの任和彬(イム ファビン)さん。

KollaBoは都内28店舗ある韓国料理チェーン店です。

KollaBo1号店は池袋に出店し、現在は銀座や渋谷、新宿、赤坂、横浜など人が集まる場所に必ずあると言っていいほどお店があります。

今回は、「kollaBo」(コラボ)の運営会社オーナーの任和彬(イム ファビン)さんに注目してみました。

食べログ点数問題の韓国料理チェーン店オーナーは誰?お店も調査!と題してお届けしていきます。

スポンサーリンク

食べログ点数問題の韓国料理チェーン店オーナーは誰?

食べログ点数問題の韓国料理チェーン店オーナーはkollaBo」(コラボ)運営会社オーナーの任和彬(イム ファビン)さん。

引用元:次に流行るお店

「一斉に点数を下げられ、客が大幅に減った」。首都圏を中心に28店舗を展開する韓国料理チェーン「KollaBoコラボ」の運営会社オーナー(48)は口コミサイト「食べログ」に対する不信感をあらわにする。

引用元:讀賣新聞

任和彬(イムファビン)氏は、大阪生まれの在日韓国人。

韓国語・日本語・英語を話せるトリンガルだそうです。

2009年4月までは、ファンドマネージャーとして多くの上場企業の要人と交流。

ファンドマネージャーであったころは、接待で東京やアメリカのさまざまな高級店で食事をし、プライベートでは新大久保のコリアン街を制覇するほど食べ歩いたそうです。

そうした中、韓国料理の在り方に疑問を感じ、起業するチャンスをうかがっていたそう。

それから、任和彬(イムファビン)氏は東京・池袋に「KollaBo」第一号店を出店しました。

任和彬(イムファビン)氏がオーナーのKollaBoとは?

任和彬(イムファビン)氏がオーナーのKollaBoの韓国料理店について調査してみました。

KollaBoとは・・・

韓国本場の15有名専門店の様々な絶品料理が楽しめるお店。

韓国で20~50年以上も愛され続けてきた15老舗専門店の伝統を味わえるお店として、日本で展開されている韓国料理チェーン店です。

焼肉は、50年業歴の大阪の「炭火焼肉 高麗屋」のA4/A5最高級黒毛和牛!厳選した銘柄牛を、本来のうま味そのままに楽しむスタイル。普通の焼肉店にはない、一品料理も楽むことが出来ます。 ◆カンジャンケジャン、サンナッチ、サムギョプサル、プルゴギ、骨付きカルビ、フライドチキン、ダッカルビ、純豆腐チゲ、ソロンタン、石焼ビビンバ、冷麺など、韓国本場老舗の味です。

引用元:KollaBo

第1号店である池袋のお店ホームページを覗いてみると、元少女時代のJeessicaや、アイドル「公園少女」など、有名人からの認知度もあったお店であることが分かりました。

まとめ

今回は、食べログ点数問題の韓国料理チェーン店オーナーは誰?お店も調査!と題してお届けしました。

食べログの点数をあまりあてにしていないという意見もネットでは目立ちましたが、いざお店に行くときはやはり口コミもリサーチしますよね。

お店の売り上げにも影響があったようですね。

それでは、今回はここまでとなります。最後までご覧頂きありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました