梓みちよの旦那や子供(家族歴)や結婚歴は?経歴がすごかった!

person
スポンサーリンク

梓みちよさんが天国に召されたとのニュースがありました。76歳だったそうです。

梓みちよさんと言えば「こんにちは赤ちゃん」のヒット曲で有名ですね。

梓みちよさんの本名は、林美千代(はやしみちよ)さん。

今回は、梓みちよの旦那や子供(家族歴)や結婚歴は?経歴がすごかった!と題してお届けしていきます。

スポンサーリンク

梓みちよの旦那や子供(家族歴)や結婚歴は?

梓みちよさんの家族や結婚歴について調査しました。

「梓みちよ 画像」の画像検索結果"

引用元:https://www.zakzak.co.jp/smp/entertainment/ent-news/photos/20170131/enn1701311700006-p1.htm

梓みちよの家族(旦那や子供)は?

梓みちよさんは、一度結婚し離婚しています。

元旦那さんの名前は、和田浩治(わだこうじ)さん。

和田浩治 - つぶやき - RHS-147 - レコード・データベース

引用元:https://gensun.org/pid/369242

和田浩治さんは、1986年に胃ガンのため42歳でお亡くなりになっています。

梓みちよさんは、1971年に和田浩治さんと電撃結婚されましたが、1年も経たないうちに不仲説が報道され、翌年の1972年に離婚となりました。

電撃結婚に加えスピード離婚だったため、当時はかなり世間を騒がせたそうです。

和田浩治さんとの結婚生活はわずか1年7カ月、その後再婚もしておらずお子さんはいらっしゃらないようでした。

梓みちよの経歴がすごかった?

梓みちよのプロフィール

梓みちよ(林美千代)

生年月日:1943年6月4日生まれ

出身:福岡県博多区

血液型:O型

梓みちよの経歴(動画あり)

梓みちよさんは、福岡県博多区出身です。

1960年、福岡女学院中学校・高等学校1年を修了後、宝塚音楽学校に入学しました。

ですが、宝塚音楽校を中退します。

理由は、宝塚在学中に渡辺プロダクションのオーディションに応募し合格したから。

その後、上京し渡辺プロダクションと契約をしました。

およそ1年間のレッスンを経て、1962年にボサノバ娘のキャッチフレーズで、「ボッサ・ノバでキッス」でデビューし、歌手として本格的に活動を始めることになりました。

ボッサ・ノバでキッスはコチラ↓

 

梓みちよ ボッサ・ノバでキッス 1963 / Eso Beso

誰もが知る「こんにちは赤ちゃん」は大ヒットとなり、日本レコード大賞を受賞・紅白歌合戦に初出場しました。

また、「こんにちは赤ちゃん」は、高校野球甲子園で開会式入場曲に採用されました。

さらには、昭和天皇の御前でこんにちは赤ちゃんを披露し、明治時代以降において日本芸能界初の天覧歌謡曲となります。

梓みちよ こんにちは赤ちゃん Konnichi wa Akachan 1963

その後、人気が低迷していた時期もありましたが1974年「二人でお酒を」が久々に大ヒットしました。

二人でお酒を (カラオケ) 梓みちよ

二人でお酒をがヒットし、1971年から1978年まで新婚さんいらっしゃいのアシスタントを務めるなどマルチな活動をされていました。

まとめ

今回は、梓みちよの旦那や子供(家族歴)や結婚歴は?経歴がすごかった!と題してお届けしました。

輝かしい経歴をお持ちの梓みちよさんに改めてお悔みを申し上げます。

それでは、今回はここまでとなります。最後までご覧いただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました