井上尚弥×ドネア戦ファイトマネーはいくら?WBSS賞金額がヤバい

person
スポンサーリンク

こんにちは!

遂に今夜、WBSS決勝 井上尚弥選手とドネア選手の試合が行われますね!

(WBSS:ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ)

どちらが勝つのかネットでは勝敗予想で盛り上がっています。

今回は、井上尚弥×ドネア戦のファイトマネーはいくら?!

WBSSの賞金額について調べてみました。

かなり・・・ヤバい額かもしれません。

それでは、さっそくみていきましょう!

スポンサーリンク

井上尚弥×ドネア戦、ファイトマネーはいくら?

井上尚弥×ドネア戦のファイトマネーは、なんと1億8000万超え(総額100万ドル)!!!

(ファイトマネーとは優勝賞金)

日本の世界バンタム級王者の防衛戦のファイトマネーが2000万-3000万円とみられる中、軽量級では破格の総額約1億800万円とされる優勝賞金にも言及した。前売り券は完売で、当日券の販売もなし。尚弥は「自分に懸けられる期待を感じている。求められているものも承知している」と注目度の高さを肌で感じながら、重圧をはねのけてリング上で最大限の力を発揮する。

引用元:SANSPO.COM

井上尚弥×ドネア戦がいかに破格のファイトマネーかが分かりますね。

それにしても、勝てば1億8000万超えとは・・・

一夜にしてすごすぎます。

WBSSの賞金額とは?かなりヤバい額?!

WBSSの賞金額がどのくらいヤバいのか調べてみました。

ワールド・ボクシング・スーパーシリーズ(WBSS)

 米独のプロモーターが企画した、団体の垣根を越えて各階級の世界最強ボクサーを決定するトーナメント。各階級で世界トップ級の8選手が出場し、優勝者には高額賞金と「ムハマド・アリ・トロフィー」が授与される。2017年に始まった第1回はスーパーミドル級とクルーザー級の2階級で実施され、賞金総額は5000万ドル(約54億円)。18年に始まった第2回はバンタム級、スーパーライト級など3階級で実施され、バンタム級の優勝賞金は軽量級では破格の総額100万ドル(約1億800万円)超となる見込み。

引用元:SANSPO.COM

賞金の総額はなんと54億円!!

WBSS優勝者には、ムハマド・アリ・トロフィーも授与されます。

そして、2017年からは、WBC(世界ボクシング評議会)よりWBSSの優勝者へダイヤモンドベルトも贈呈されています。(引用元:SBNATION)

WBSS、すごいですね。

ヤバい額に驚愕です。

井上尚弥×ドネア戦ファイトマネー、ネットの反応は?

井上尚弥選手であれば、1億8000万円のファイトマネーでは安い・・・という意見も。

WBSS創設者の一人でプロモーターのカレ・ザワーランド氏(42)=ドイツ=は、尚弥の戦いぶりについて「ここ2年で世界を震撼(しんかん)させたボクサー」と高評価した。さらに「7桁(100万ドル)だけど、8桁の価値がある」と発言。

引用元:SANSPO.COM

WBSS創始者にこのように言わしめるとは・・・すごいとしか言いようがありません。

 

ドネア選手の評判を知りたい方はこちらもおススメ↓

ドネア(井上対戦相手)の戦績や強さは?海外の反応や人気がすごい!

まとめ

今回は、井上尚弥×ドネア戦ファイトマネーはいくら?WBSS賞金額がヤバいと題してお届けしました。

どちらが、このファイトマネーを手にするのでしょうか。

ネットでは、井上尚弥選手に軍配があがっているようですが、ドネア選手もすごい戦績を持っている選手。

応援しましょう!

それでは、今回はここまでとなります。最後までご覧いただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました