清水宏次朗の経歴は?ビーバップ以降が気になる!病気の発症はいつ?

person
スポンサーリンク

2月20日「直撃!シンソウ坂上」に清水宏次朗さんが出演されます。

最近まで、闘病生活を送っていたという清水宏次朗さんですが、現在はというと、インスタで元気そうな投稿が並んでおり、2月20日のテレビ出演についても「体調が悪い時の俺が映るけど、そこはご勘弁を」というコメントと共に投稿がありました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

体調悪い時の格好の悪い俺が映ると思うけどそこは御勘弁を #2月20日 #直撃シンソウ坂上

清水宏次朗(@k.shimizu1110)がシェアした投稿 –

今回は、そんな清水宏次朗さんの経歴やビーバップ以降について、また病気の発症の時期についても調査しました。

清水宏次朗の経歴は?ビーバップ以降が気になる!病気の発症はいつ?と題してお届けしていきます。

スポンサーリンク

清水宏次朗の経歴・プロフィール

まゆ
まゆ

まずは、清水宏次朗さんのプロフィールや経歴についてお伝えするよ

清水宏次朗のプロフィール

清水宏次朗(旧芸名:竹宏治 たけこうじ)

1964年11月10日生まれ(2020年2月現在55歳)

東京都出身

176㎝ B型

1981年から活動しており、現在は神戸市長田区に在住。

趣味は、バイク・マリンスポーツ・アウトドア

清水宏次朗の経歴

スカウト

清水宏次朗さんは、高校在学中に竹の子族の一人として原宿で踊っていたところをスカウトされ、芸能界入りをしました。

デビュー・歌手として

最初の芸名は、竹宏治(たけこうじ)という名でアイドル歌手として1981年よりデビューします。

その後、一時活動を休止し、1984年に竹宏治⇒本名の清水宏次朗に変えて、シングル「ビリー・ジョエルは似合わない」で。第13回東京音楽祭国内新人大会でグランプリを受賞しました。

1992年までに20枚のシングルと11枚のアルバムをリリースしました。

まゆ
まゆ

その他、有線対象新人賞などたくさんの賞を受賞したよ

俳優として

1985年に大人気映画「ビー・バップ・ハイスクール」に仲村トオルさんとW主演で出演しました。

清水宏次朗さんにとって、ビーバップでの不良少年・加藤浩志が当たり役となり、その後もシリーズに出演しました。↓

hirosi2ブログ

引用元:http://napoleon.tokyo/archives/3137

まゆ
まゆ

髪型がまさにヤンキー映画。似合うね~

清水宏次朗さんの本業は歌手・・・第5作である「高校与太郎音頭」はコンサートツアーのスケジュールと重なったため出演出来なかったのですが、最終作となった第6作「高校与太郎完結編」では復帰出演しています。

ビー・バップ・少年少女合唱団(仲村トオル、清水宏次朗、宮崎萬純)「ビー・バップ・パラダイス」

1987年に、日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞しました。

清水宏次朗のビーバップ以降の活動歴は?

まゆ
まゆ

ビーバップハイスクール以降の活動歴はどうだったんだろう??

ビーバップハイスクール終了後以降は、大人の俳優ヘと転身をはかった清水宏次朗さん。

1990年代からは映画「極道の妻たち」やVシネマなどを中心に活躍し、アニメ映画「ストリートファイターⅡ MOVIE」での声優(リュウ役)を務めるなど、多方面で活動をしていました。

まゆ
まゆ

ビーバップの役柄だった不良のイメージが強くて、ヤクザ映画やVシネマの強面の役のオファーばっかりだったそうだよ。

2005年からは、所属事務所を「Fillmore Far East」に移し、ライブやディナーショーを中心に活動していました。

また、絶頂期だった頃より収入が下がったため、六本木でサパークラブを出店したこともありましたが、客足が思うように伸びず2年で閉店となりました。

清水宏次朗の病気の発症はいつ頃?

まゆ
まゆ

病気の発症はいつ頃なんだろう?

清水宏次朗さんは、テレビで更年期障害であることを告白しているよ。

引用元:note

清水宏次朗さんが、更年期障害を発症したのは、2014年5月。

清水宏次朗さんが、50歳のときです。

男性の更年期障害の発症時期が一番多いのは、50代~60代で、男性ホルモンであるテストステロンの低下から引き起こされます。

薬を飲みながらでの闘病中の日々は、突然倒れたり、手足の震えが止まらない状態になることがあるとそうです。

清水宏次朗さんは、そんな不安を紛らわせるために酒を飲み、仕事がない日は朝から酒浸りの日々を送っていたとありました。

 

元グレートチキンパワーズの北原雅樹さん、覚えていますか?ぜひこちらもどうぞ↓

北原雅樹は朝ドラに出演していた?演技力や過去作品も調査してみた!

まとめ

今回は、清水宏次朗の経歴は?ビーバップ以降が気になる!病気の発症はいつ?と題してお届けしました。

男性更年期障害の原因となるテストステロンの低下は、身体では筋力の低下、心ではやる気や集中力の低下などうつのような症状に陥るんだそうです。

そんな状態での闘病生活はつらかっただろうと察するにあまりありますね。

それでは、今回はここまでとなります。最後までご覧頂きありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました